命にもかかわる?注意すべき薬のアレルギー

知っておくべき薬物アレルギーのこと

知らないと怖い!薬物アレルギー

日常的によく耳にするアレルギーという言葉。 そもそもアレルギーとはどのような状態を指すのか知っていますか? 実はアレルギーについて説明できない人が多いのではないでしょうか。 何が原因でどのようにして起こるのか。 まずはアレルギーについて知っていきましょう。

薬物アレルギーについて

風邪をひいたときから、腹痛、頭痛など、日常の中の様々なシーンでお世話になる薬。 種類もたくさんあり、自分の症状に合わせてコンビニでも買えるようになりました。 しかし、そんな今だから気をつけたいのが薬物アレルギーです。 こんな時代だからこそ、薬物アレルギーの正しい知識を得ましょう。

アレルギーとは

世界一忙しいといわれている日本人。
睡眠時間も休息時間も短いと体調を崩す回数も増えてきます。
しかし、病院に行くのは面倒くさいし、でも体調を整えるために薬は欲しいなんて思うこともありますよね。
ひと昔前までは薬局や病院でなければ買うことができなかった薬ですが、規制緩和などによりコンビニでも頭痛薬や風邪薬が手に入れられるようになり、最近ではより身近になりました。
ここ一番の大事な場面で風邪や体調不良を直してくれる薬には助けられているし、持っているだけで安心しますよね。
しかし、そんな薬が簡単に手に入る今だから私たちが注意しなければならないことがあります。
それは、薬物アレルギーです。
薬物もアレルギーも意味は分かるけれど、その2つが合体した薬物アレルギーはよくわからないですよね。

薬物アレルギーはアレルギーのうちの一つで、他のアレルギーと同じく、症状が重いものは人間を死に至らせる怖さがあります。
最近のニュースでは、食物アレルギーを持つ児童がアレルゲン物質を除いていない、通常の給食をおかわりした際にアナフィラキシーショックが起こり亡くなるという痛ましい事件がありました。
アレルギーにより医療機関を受診する患者数は年々増加傾向にあります。
まだまだ知られていない薬物アレルギーですが、薬が手軽に買えるようになり、いつでも、どこでも、手軽に手に入る現在だからこそきちんと知っておきましょう。

知っておけば、怖くない!
薬物アレルギーのことを知っていきましょう。

私たちができること

ここまでアレルギー、とりわけ薬物アレルギーについて書いてきましたが、最悪の場合死に至るアレルギー、誰もが起こしたいとは思わないでしょう。 そして、アレルギー対策もやるとやらないでは雲泥の差です。 自分でできる薬物アレルギーを防ぐ方法をお伝えします。

TOPへ戻る