知っておくべき薬物アレルギーのこと

知らないと怖い!薬物アレルギー

アレルギーとは

生体が異種の物質(抗原、ばい菌)に対して免疫反応を生じ、再び抗原と遭遇すると様々な免疫反応を起こします。
この免疫反応は、生体の自己保存のための重要な防御機構のひとつで、通常は生体に対して保護的に作用しますが、時として生体に不利に作用し、障害を与えることがあります。
これがアレルギーです。

現在ではアレルギーは特に抗原抗体反応が過敏反応のことを指すことが多いです。
一回目では症状が出なくても、再び同じ抗原が体内に侵入すると免疫の特徴として症状が発症する場合があります。
アレルギーが原因と考えられる病気は、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、蕁麻疹、急性アレルギーショックであるアナフィラキシーショックなどがあります。

薬物アレルギーの原因

薬物アレルギーが起こる原因も根本は、先ほど紹介したアレルギーと同じで、免疫による抗原抗体反応が過剰に起こっているということです。
薬の多くは分子量が小さいため、アレルギー反応はほとんど起こりません。
しかし、人体から抽出したもの以外を使った分子量の大きいものは他の薬と比べ、薬物アレルギー反応が出やすいとされています。

特に薬物アレルギーを起こしやすいとされている薬は、抗生物質で、その中でもペニシリン系、他には、セフィム系、鎮痛剤、非ステロイド抗炎症薬、ホルモン剤、酵素製剤、造影剤などです。
ここで注意してほしいのは、今あげた薬が危険か、ということではなく、あくまでも、他の薬と比べるとアレルギー症状を起こしやすいということです。
これらの薬が危険というわけではありません。


TOPへ戻る