知っておくべき薬物アレルギーのこと

薬物アレルギーについて

薬物アレルギーの症状

薬物アレルギーの症状は主に3つに分けられます。
薬疹、中毒性表皮壊死融解症、アナフィラキシーショックの3つです。
症状は、薬疹とは薬が原因として発疹が出ることを指します。
中毒性表皮壊死症はデリケートゾーンなどがただれたりします。
アナフィラキシーショックは、蕁麻疹、呼吸困難、下痢、低血圧などが起こり、生命の危険を伴う重篤な全身症状を呈するものです。

その他に、皮膚や目のかゆみ、皮膚のただれなどもあります。
検査をしなければわからない肝障害や、血液障害を起こすこともあります。
重度は1、2時間で治るものから、一瞬の判断が生死を分けるものまであり、同様に、発症する期間も薬を飲んでからすぐに反応が出たり、1,2時間後だったり、薬を飲み始めてから2週間後なんてこともあります。

アレルギーが出た場合の対処法

では、薬物アレルギーが自分や家族に起こってしまった場合はどのように対処したらいいのでしょうか。
命の危険が伴うアナフィラキシーショックが起こった場合はすぐに病院に行かなければ危険です。

病院に行くべき症状は、高熱が出た場合、激しい発疹・かゆみが出た場合、目が充血した場合、まぶたが晴れてきた場合、のどが痛み出した場合、唇・陰部のただれが見られた場合、排尿・排便時に痛みを伴う場合、息切れ・めまいが出た場合です。
発疹やかゆみの程度が低い場合も、薬の服用が原因と考えられる場合は医療機関を受診しましょう。
免疫反応の特徴として、1回目より2回目のが症状が強く出るので、症状が軽いからといって侮ることはやめましょう。


TOPへ戻る